Seven Signatures Concierge

ハワイの不動産情報からローカルニュースまで、みなさまに役立つ情報をお届けいたします。

記事一覧(3)

【ニュースレター3月号】トランプ / リッツカールトン 2018年売買仲介件数・総額No.1を達成

2018年はトランプで売買件数40件、売買金額は約66.6Mドル(日本円で70億円強)と多くのお取引がございました。2017年は件数は同じ40件であったものの、売買金額は約48.5Mドル(50億円強)でございましたので、2億円を超える高価格帯のお部屋が2018年は比較的動きが良かったことが売買金額で前年比37%の上昇につながったものと考えられます。尚、件数も2016年以前は年間通して20~30件ほどでございましたが、2016年以降は毎年40件以上のお取引があり、トランプはハワイの中でも活発に売買が行われている物件の一つとなります。続いて、2018年のリッツカールトンの動向でございますが、売買件数は21件、売買金額は約35.3Mドル(40億円弱)でございました。こちらの数字はともにタワー1(エヴァタワー)のリセールデータとなりますが、トランプがオープンしてから2、3年後のデータと近しいものとなりますので、今後はトランプのようにより件数、金額ともに伸びていくものと考えられます。尚、2017年は件数17件、売買金額は29.1Mドル(30億円強)でございましたので、トランプ同様にリッツカールトンもマーケットは拡大しております。(各データはハワイ不動産データベース「MLS」により調査)また、2017年はトランプは売買件数・金額ともに、リッツカールトンは売買金額においてハワイの数多ある不動産会社の中で弊社がナンバーワンの実績でございましたが、2018年はトランプ・リッツカールトンともに売買件数・金額とも一番多くのお取引をさせて頂きました。2019年もこの座を守れますよう、引き続きトランプ・リッツカールトンの売買仲介に注力し、より一層のサービス向上を目指し、邁進して参ります。