セブンシグネチャーズ・インターナショナルについて

Aloha!

今回は、少し弊社のサービスと歴史についてお話します。



弊社は、2003年に前身の株式会社Seven Signaturesを、2007年より株式会社Seven Signatures Internationalをそれぞれ設立しました。弊社は主にハワイにおける高級コンドミニアムを販売しており、東京とハワイに双方に拠点を構えております。代表的なプロジェクトでは、トランプタワー・ワイキキ(以下、トランプ)で、現在、米国大統領を務めるドナルド・トランプ氏に対して代表中野が行った5分間のプレゼンを通して、弊社は、日本正規代理店の権利を勝ち取りました。(トランプ氏と中野とのストーリーはまた、別の機会に...)


トランプタワー・ワイキキの最新リセール情報はこちら


ホテルコンドミニアムという新しい不動産の形

トランプの日本正規代理店として弊社は、開発段階からデベロッパーをタッグを組み、販売初日には単日売上850億円という実績に寄与し、その内、弊社は全体の約35%の分譲販売を担いました。当時、ワイキキにおいて新築のホテル開業は25年ぶりであり、さらにホテルコンドミニアムという日本人にとって新しい不動産の所有形態として、大きな注目を集めました。文化として根付いた今日においては、再販市場を中心に、多くのお客様の売買のお手伝いをさせていただいております。


専用ラウンジ(セブンシグネチャーズラウンジ)


お客様に寄り添いたいという気持ちから

2009年開業当初、ご滞在された多くのオーナー様から、「不動産は販売してからが始まり」と捉える私共はオーナー様のご要望にお応えするため、独自の「コンシェルジュ部門」を立ち上げます。現在もトランプの2509号室には、弊社のお客様専用ラウンジが設置され、ご滞在における予約手配や課題解決などお客様の別荘ライフが快適になるように、常駐の日本人コンシェルジュがサポートさせていただいてしております。


専用ラウンジ(セブンシグネチャーズラウンジ)での立食パーティーも承ります。

セミナーの様子はこちら


ホテルコンドミニアムに強いセブンシグネチャーズ

続いて、弊社が携わった新築ホテルコンドミニアム案件として、「リッツカールトン・レジデンス・ワイキキビーチ(以下、リッツワイキキ)」が挙げられます。昨年、タワー1が開業し、タワー2も来年の開業に向けて建設が進んでいます。リッツワイキキにおいても、弊社は新規分譲販売35%という高い実績を残しております。弊社は、昨今のワイキキの高級ホテルコンドミニアムの新規販売に多く携わり、高い実績を残しており、特にトランプタワー・ワイキキ、リッツカールトン・レジデンス・ワイキキビーチにおいては、経験と知識をもとに、売却と購入にどちらにも適切なご提案が可能です。


タワー2も完成間近のリッツカールトン・レジデンス・ワイキキビーチ

リッツカールトン・レジデンス・ワイキキビーチのリセール情報はこちら



不動産を通じて、最高の感動を届けたい

「世界屈指のラグジュアリーホテルの一室を所有し、一流のホテルサービスを享受しながら憧れの地に住まう」私たちが提供するのはハワイという非日常をあなたのもう一つの日常にする、新しい不動産所有のかたちです。オーナー様とそのご家族の皆様に、想像を超える寛ぎと、歓びにをご提供いたします。




ハワイでの格別な別荘ライフをお望みの方いらっしゃいましたら、ぜひ、一度私たちにご相談ください。日本各地とハワイにて、ご相談を承ります。


株式会社Seven Signatures Internationalについて

セブンシグネチャーズ・インターナショナルは、ハワイのラグジュアリーコンドミニアムの販売代理店です。ハワイの不動産の購入に関してはお気軽にご相談ください。


株式会社Seven Signatures International

105-0003 東京都港区西新橋3-23-5 御成門郵船ビル11F
https://www.sevensignatures.com

03-4214-8277(代表)
03-4214-8278​(お客様専用コンシェルジュデスク)
お気軽にご連絡ください。



0コメント

  • 1000 / 1000