日本・ハワイ渡航時の出入国手続きについて(2021年1月末時点)

1月より、日本・ハワイ間の渡航に関して、双方で新たな水際対策が導入されておりますので、以下、ハワイへの渡航時、日本への帰国時に分けて、概要を記載させていただきます。

尚、本情報は、1月末時点のものとなり、随時変更の可能性がありますので、ご渡航検討の際は、政府発表の最新情報をご確認いただきますようお願い申し上げます。


ハワイへの渡航時ルール

① 日本出発前72時間以内に、ハワイ州保健局が指定する医療機関発行のPCR陰性証明書を取得。

※1月26日より、ハワイを含む米国に入国する全渡航者を対象に、PCR陰性証明書の提示が「義務化」されております。

② 陰性証明書取得後、出発前24時間以内に、ハワイ州の定める、セーフトラベルズプログラム(Safe Travels Program)に事前記入の上、Eメールにて発行されるQRコードを取得。

③ ホノルル空港到着後、空港検疫官にQRコードを提示。

※陰性証明書を提示した旅行者に対しては、10日間の自己隔離が免除されます。


日本への帰国時ルール

① ハワイ出発72時間以内に、日本政府指定の検査証明フォーマットに対応するハワイの医療機関にてPCR陰性証明書を取得。

※1月13日より、日本人を含め全ての入国者(帰国者)を対象に、PCR陰性証明書の提示を求めることになりました。

② 日本到着前に、厚生労働省指定の質問票Webを入力し、QRコードを取得。

③ 空港到着後、空港検疫官にQRコードを提示。PCR唾液検査を実施。

※陰性証明書の提示がない場合、厚生労働省の措置として、検疫所が確保する宿泊施設での待機を求められ、入国後3日目のPCR検査陰性をもって退所が可能となります。

④ 入国後14日間、自宅等での待機要請。

0コメント

  • 1000 / 1000